転職活動における企業研究の重要性

転職先候補として魅力的な求人情報を見つけたら、企業についての情報を集めて企業研究を行いましょう。

 

企業についての情報を集めて勉強しておくことは、転職活動において必須の行動です。面接時に企業のどんな点に魅力を感じたかといった質問をされることはよくありますから、あらかじめ企業研究をしておかないと答えることができません。

 

企業研究をしないような人は、雇用する側から見れば不熱心で誠意を感じられない人物ということになります。転職者を雇用するということは、一緒に働く仲間を探すという行為です。誠意や熱意を感じられないような人物と一緒に働きたいと考える人はいませんから、採用においても不利になってしまいます。

 

企業研究の方法はいろいろありますが、最初はホームページのチェックから始めるのがいいでしょう。企業のホームページは企業に関する様々な情報が掲載されている企業情報の宝庫です。事業展開や製品ラインナップといったものだけでなく、財務状況や従業員数、経営理念などもチェックしておきましょう。

 

一般向けの企業であれば、実際に製品やサービスを購入して試してみるのも有効な方法です。実際に試してみた感想を伝えれば、面接時のアピール材料になります。

 

新聞や専門雑誌などで取り上げられている企業情報をチェックするのも有効な方法です。経済紙には中小企業もよく取り上げられますから、関連するニュースは見逃さないようにしてください。